GBG File 001. Rådhuset. The city hall.

radhuset_1900
The outside. Photo credit: Higab( http://www.higab.se/projekt/radhuset/ )

The classic looking architecture stands by the Gustaf Adolf square which is just a stone cast from the busy bus/tram stop Brunnsparken.

I knew about the architecture but had never been there until the other day. And once I entered, I fall in love with it!

When I brought my male friend who was on visit, we were asked by a gentleman if we were getting married that afternoon. …Excuse us, what did you just say?

According to him, the building is not open to the public unless if you are a politician and has an office in the building or if you are getting married there!! It was no surprise why I had no chance to enter the building in the three years. However, we were very lucky to meet him as he escorted us inside without letting us getting married!

The building is famous for its functionalism style designed by Erik Gunnar Asplund in 1937 (the old part of the building was from 1672) and had been used as a regional court until 2010. He is also known for designing Skogskyrkogården (the Woodland Cemetery, the UNESCO World Heritage site) which is also my favorite place.

IMG_0699
Photo taken by the author

The slope of the stairs is characteristically low. According to the man who guided us it was designed so to let one reflect upon his/her own sins before the judgement to be made. It sounds like a dark place but the architecture is filled with lights and round forms which is amazingly beautiful. The glass elevator, phone box, lamps, chairs and tables were also designed by the architect.

The court moved out in 2010 and today the building hosts offices for politicians and weddings. Would the newly married couple go up and down the stairs while thinking about their sins or their blight future…?

イェーテボリファイル001. 市役所

3年間この街に住んでいながら、つい先日まで一度も足を踏み入れたことのなかった建物。そして入った途端に恋してしまった建物です。

イェーテボリに来るなら絶対外せないエリア、ブルンスパルケン(何だか目が回りそうな名前のとおり、バスやトラムの乗り換えで混雑する場所です)の、グスタフアドルフ二世の銅像脇にあります。

この建物は、古い箇所では1672年築、かつ1937年に機能主義の建築家グンナル・アスプルンドによって設計されたことで有名です。アスプルンドはストックホルムにある世界遺産、森林墓地Skogskyrkogårdenの設計をした人です。(ここもおすすめ)

いつも中を見たいと思っていたのですが、この3年間開いているのをみたことがありませんでした。ところが先日、オランダからはるばる訪問しに来た大学時代の先輩と街に繰り出したところ、なんとドアが開いているではありませんか!

入ってみると、エントランスホールから中は通り抜けできず、うろうろ。すると、60代前後の紳士に「君たち、結婚するのかい?」と唐突に聞かれ、ますますたじたじ。なんと、この建物、現在は政治家のオフィスと結婚式のみに使われているのです。(私たち、政治家には見えなかったわけだ)。

どうりで入る縁がなかったわけです。

政治家になるか結婚するかはハードルが高い。ショックを受けた私を見かねたのか、おじさんは「僕についてきなさい、特別にみせてあげよう」、とドアを通してくれました。

1937年に地方裁判所として設計された建物は、開放的で明るく、素敵な裁判所でした。シンプルな時計、らせん階段にガラス張りのエレベーター、スウェーデン産一枚板が豪華に使われた壁、丸みをおびたランプ、シンプルな作りのテーブルとイスまでもがアスプルンドの設計だそうです。中でも特徴的なのは、二階へ上がる階段。1段1段の段差が低いのです。

「どうしてこんな作りなのだと思う?」とおじさん。

ふむむ?老人でも歩きやすくするため?

「自分の犯した罪を回想するためさ、さあ上がってごらん!」

低い階段はどこか違和感があり、上り下りに時間がかかりました。

結婚するカップルは、この階段をどのような気持ちで歩むのでしょうか。

Leave a Reply

Fill in your details below or click an icon to log in:

WordPress.com Logo

You are commenting using your WordPress.com account. Log Out /  Change )

Google photo

You are commenting using your Google account. Log Out /  Change )

Twitter picture

You are commenting using your Twitter account. Log Out /  Change )

Facebook photo

You are commenting using your Facebook account. Log Out /  Change )

Connecting to %s