【水を得た言葉 // Revitalized words】An eyeball display 目玉の展示

外国語に触れると、今まで耳慣れ見慣れていた日本語さえも、新鮮に感じることがたまにある。まるで今まで冬眠していた小さな生物がやっと水を得たかのように、言葉が動き出すのだ。

本日の目玉。当博物館の目玉の展示。

そう、今日水を得た言葉は、めだま。

とある英国博物館に送付する文章の添削を頼まれた。大部分が筋の通った英語だったのだが、この1文を読んだときはそれこそ目玉が飛び出しかけた。

“what is your museum’s eyeball display? ”

眼球が展示ケースに整列されているのが目に浮かんだ。えーっ、英語ではメダマとは言わないよ、確か。慌ててネットを確認したら、やっぱりこの場合、英語ではfeatured displayなどと言う。

この英語を読んでから、目玉という表現がメダマに見えてきた。そういえば「注目」も目が注がれると書くっけ。新しいものや貴重なものに集まるくりくりとした目玉、あるいは美しいものに注がれるじーっとした視線。人間の好奇心が迫ってくる気がする。面白いなぁ。

もしも海外に行ったら、「今日の目玉の一皿は何ですか?」なんて言わないように!ウェイターさんの目玉が飛び出ちゃうよ。

Today I was asked by my boss to check a list of questions written in English which is going to be sent a museum abroad. And my eyes almost popped out of my head when I found this word “What is your museum’s eyeball display ?” Whaaat? An eyeball display?

Well, it’s natural to say “The eyeball item for today” (きょう の めだま しょうひん)or “The eyeball display in this museum” (この はくぶつかん の めだま の てんじ)in Japanese.  Medama-no (Eyeball in the adjective use) means something featured or special. Interestingly, “Attention” (Chu-moku, noun) means pouring (注) eyes (目) when you look at the Chinese characters. Thinking about those two words, I see the aroused eyeballs on a special item for the day or a rare display at a museum, or the staring eyes on something attractive. Learning a foreign languages sometimes let you notice new aspects about your mother language. Words and expression retrieve its true meaning then.

Do not ask “What is your eyeball dish for today?” in English if you don’t want to see the person’s eyes pop out of the head!!

Leave a Reply

Fill in your details below or click an icon to log in:

WordPress.com Logo

You are commenting using your WordPress.com account. Log Out /  Change )

Google photo

You are commenting using your Google account. Log Out /  Change )

Twitter picture

You are commenting using your Twitter account. Log Out /  Change )

Facebook photo

You are commenting using your Facebook account. Log Out /  Change )

Connecting to %s