伊勢の旅 1/3 A trip to Ise 1/3

金曜日に日帰り出張で豊橋まで行った。せっかく旅費が豊橋まで出るから、数千円お財布から足して三重県伊勢市へ足を延ばすことにした。

東京から豊橋はひかりで1時間半だが、名古屋から伊勢市には名鉄で約2時間かかる。名古屋に着いたのは18時。本当はまっすぐ伊勢へ向かいたかったけれど、家から本を持ってくるのを忘れたので、乗り換えの名古屋で手頃な文庫本を買うことにした。デパートを8階まで上がると、星野書店というフロアがあった。が、なかなかぴんとくる本が見つからない。

『うまく文章を書くには』?うーん。パラパラっと見たらなんとなくわかるしこんなん読んだら私の文章じゃなくなるや。『寺田寅彦集』?うーむ。ちょっと気分じゃない。前はまっていた漱石の、まだ読んでいないもの?うーん、だったら古本屋で買うのでいいか。最近の小説は?ありすぎて、この限られた時間にいちいちあらすじを見てられない。読みたい本がないなんて、どうしよう…こんなことしてたら伊勢に着くのが夜になってしまう!最終的に、『自分の仕事をつくる』に決め、電車に乗った。充実したしごとをしている人のインタビューは面白く、すらすら読めた。ただ、全部読み切ってしまえば帰りが困るので、ちびちびと読んだ。

津あたりで、私のはす向かいに立っていた女の子3人が、突拍子もなく東京について話しはじめた。目をあげると、気まずいので、本に目を落としながら、耳は彼女達に傾けた。

「東京行きたいなぁ」「東京2年くらい住んで、こっち帰ってきたいわぁ」「色んな面白い人がいるんやろなぁ」。

ずいぶん遠くに来たもんだ、と、感じた。彼女たちの話している東京ははるか彼方だった。そして確かにそこは、東京から470km離れた地だった。

でも、思った。東京そんな遠くないよ。私ここにきてるし。東京はごちゃごちゃしているだけだよ。面白い人もいるけど、つまらん人も変な人も多いよ。と。

鈍行電車に乗ると、こういう土地の会話が聞こえる。時速270キロの新幹線の凄さは、弁当食べて充電しながら携帯しているうちに、目的地についていることだが、その速さでかき消されているものがたくさんあるのだ。たまには鈍行列車もいい。

I went to Toyohashi for one day business trip on a Friday. Since I was already there, I traveled further to Ise, Mie prefecture for the weekend.

It took only 1.30 hour to Toyohashi from Tokyo by Hikari (Shinkansen), but from Nagoya to Ise took 2 hours by a local train. It felt long. I bought a book at Nagoya station and read it slowly half way to the end. I had to save some pages for the return train. My phone was running out battery so I couldn’t check Instagram or Facebook. So I read every page very slowly and contemplated.

Then, all of a sudden, I heard “Ah, I wanna go to TOKYO!”.

A group of girls probably in age 20s, standing across me and talking in a hint of dialect, broke my reading and took my attention. I kept “reading” the book (If I look at them, they would recognize that I was an outsider and it would feel awkward) and listened to their conversation. “Yeah, me too. I wanna live in Tokyo for like, 2 years and come back here.” “I think that there are so many cool people in Tokyo”… I suddenly felt I was very very far away from Tokyo. Their Tokyo was somewhere very far away.

“Well, Tokyo isn’t that far. I am here travelling from Tokyo and it took me some hours but that’s it. And about Tokyo, it’s super messy and stressful place. There are interesting people but as many boring and mean people.” I said to myself.

Sitting on a local train, one can learn about the place from the local passengers and feel the actual distance from ones home. Travelling is not all about the destination but about the process too.

Leave a Reply

Fill in your details below or click an icon to log in:

WordPress.com Logo

You are commenting using your WordPress.com account. Log Out /  Change )

Google photo

You are commenting using your Google account. Log Out /  Change )

Twitter picture

You are commenting using your Twitter account. Log Out /  Change )

Facebook photo

You are commenting using your Facebook account. Log Out /  Change )

Connecting to %s